思考の可視化”Solution Structure”とは

思考の可視化 “Solution Structure” とは?

ニーズとシーズをつなぐ思考法 “Solution Structure”

良いプロダクトは、顧客のニーズ(目的)と顧客に提供されるシーズ(手段・技術)がマッチしています。
ニーズ・シーズの内容を言葉で表して構造化し、それらの関係性を整理したもの
及び整理しようとする思考法のことをSolution Structure(ソリューションストラクチャー)と呼びます。

Solution Structure
Solution Structureで検討内容を体系化する

顧客にとっての本質的な価値を考え、ニーズ・シーズ双方の観点から
プロダクトのコンセプトをブラッシュアップできるようになります。
また、情報を整理する過程を通じて、
新しいアイデアを得たり、取り組むべき課題や技術の特徴・強みを明確化したりできます。

Solution Structureで関係者間の認識を共通化する

関係者間(顧客を含む)で検討の視点と全体像を共有できるため、
議論が空中戦になることを回避したり、対話を促進したりできるようになります。

活用例 (1):プロダクトに追加する機能とそのために必要な技術を整理する
プロダクトに追加する機能とそのために必要な技術を整理する
活用例(2):複数のプロダクトを比較し、それぞれの特徴に対する理解を深める
複数のプロダクトを比較し、それぞれの特徴に対する理解を深める
活用例(3):顧客の課題に対する技術の有効性を分析する
顧客の課題に対する技術の有効性を分析する
Solution Structureによる検討の効果

物事を突き詰めて考え抜くことができる
☑ 検討内容の精度や論理性を高めることができる、何が手段で何が目的かを見失わない
☑ 表現にこだわり、マーケティングメッセージの質を高めることができる
☑ 確認すべき事項が体系化され、抜け漏れを防止できる
☑ 様々な角度から新しい発想を生み出しやすくなる

可視化されたアウトプットが残り、それを様々な場面で活用できる
☑ 検討の過程や変遷をいつでも振り返ることができる
☑ 取り組むべき課題やその優先順位を常に把握できる
☑ (再定義された)明確な上位目的を伝えることができる
☑ 議論の空中戦を防ぎ、関係者間で認識を共通化できる

対話を通じて、+αの効果が得られる
☑ 他者にうまく説明しようとする過程を通じて自身の頭の中が整理される
☑ 考えが周囲に正しく伝わり、それを受け入れてもらえることがモチベーションになる
☑ 言葉を発することで記憶が定着する、主体性が生まれる
☑ 第三者の意見・フィードバックを検討に反映できる

Solution Structureセミナー

Solution Structureについて解説したセミナー動画を 無料 でお送りしています。

動画送付先メールアドレスを入力
▼▼▼

    その他サービス