壁打ちサービス体験談:医療現場の業務改善・作業効率化を検討!

壁打ちサービス体験談(目黒区の医療機関 新規事業室 Tさん)

医療現場の業務改善・作業効率化を検討!

医療従事者の負荷を減らすことを目的に、「入院患者の見守り」と「補助器具のフィッティング」の効率化について一緒に考えました。下の図は「補助器具のフィッティング」について話している様子です。
現状を整理しながら課題を抽出し、解決に必要な要件と手段を検討しました。

- 壁打ちサービスを活用したいと思った経緯についてお聞かせください
セミナーで知りました。壁打ちサービスを通じて、一緒に思考を見える化することで、新規事業の方向性や次のステージを考えるきっかけになると思いご連絡致しました。また、ヘルステックの中で、非接触をキーワードに活動している企業様と知り合いたいという希望もあり相談しました。

壁打ちサービスはいかがでしたか
壁打ちサービスを通じて、課題が整理できた事をお礼申し上げたいです。また、関連がないと思った事象との関連性を見いだす事もできました。過去に他社のファシリテーターサービスのデモを拝見したのですが、オモイエルの壁打ちサービスは聞き取りをして頂くことや、繋がりを見える化して下さる点で全く異なる印象を受けました。また、話しやすい雰囲気や、質問のタイミングに配慮を感じ、愉しく進められたとともに、考える時間を与えて下さる点がよかったです。興味を持ちながら課題を聞いて下さった点も非常に心強かったです。また、ツール(IdeaEDGE)を初めて見ましたが、作業の工程を共有頂きながら考える事ができるので、わかりやすさと効率という点で便利さを感じました。
近年、個人でベンチャーを立ち上げる看護師や医師、療法士(特に理学療法士)が増えております。例えば学会やMETI主催のヘルスケアビジネスピッチ等の応募者に対して、デモやプレゼンをして頂いたら、個人でも活用したいという医療職は多いと思いました。

今後やりたいことをお聞かせください
まず、課題解決に向けた予算を具体的に組み、院内でプロジェクトを進めたいです。次に、病院とは直接関連しないと思われるのですが、自分が個人的に思っているアイデアを見える化してみたいと思いました。

オモイエルに期待することがあれば、教えてください
是非医療界に活躍の場を拡大して頂きたいと思っております。医療機関(特に大学病院以外の中規模から小規模医療機関)では、医療職以外の知恵を借りる機会が少なく、また、業務改善が組織的に行えていない医療機関が多くあります。PDCAすらできていない事が多いです。壁打ちサービスのような取り組みは、離職率低下や業務のたのしさの増幅に繋がると思います。是非、業務改善や新たなアイデアによる増収という視点で、医療界にサービスを展開されることを願っております。

【目黒区の医療機関 新規事業室 Tさん】

日々の業務
医療機関に勤務しながら、業務改善、人材の活用、外来等の営業拡大について検討しています。現在は、職員へ業務全般に関するヒアリングをしております。また、病院の機能を知ってもらうために、地域サービスへの委託業務を交渉しております。さらに、コロナ禍で近隣区域の急性期医療機関との新しい関わり(患者様の紹介)が増えたので、人材交流を目的に、症例検討会を新たに立ち上げました。

課題に感じていること
新しい取り組みが病院全体での温度感に至っていないのが現状です。経営の安定と増収、職場への満足度向上が大きな目標だと思うのですが、日常業務が多忙で興味がないという反応もあります。日々の業務の中に改善のヒントがあるという点を共有できないのは、医療職全体の課題だと思っております。

ファシリテーター(オモイエル 小林)から:
Tさんの「医療現場をより良くしたい」との想いに心動かされ、常に活発な議論ができました。今回の壁打ちでは、解決手段の発想を広げるために、必要な要件や機能の情報を出来る限り分解し、シンプルに表現することを意識して進めました。結果として、新たな発想が生まれてよかったです。私自身、医療現場の状況や課題への理解が深まり、業務改革や作業効率化は大変重要な取り組みであると感じました。今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。